産高大連携・坂田ゼミ
1月24日(水)のようす 16:00〜17:50 津西高校にて
 
 発表本番前の最後の本校での講義となりました。今回は発表の練習を行いました。中京大学 坂田隆文先生より、プレゼンは「相手に自分の考えや思いを伝えること」が大事であり、そのために資料があり、練習を重ねていくという話がありました。その後40分間、各グループで打ち合わせをし、前に出ての発表となりました。

 今回は5分という本番の時間を気にせず、初めての発表を行いました。各グループの発表後、坂田先生より講評をいただきました。
 各グループでの練習の成果が出ている発表ではありましたが、改善点が多数ありました。価格設定や対象者の設定、またそれらの根拠となる資料の不足など、ご指摘をいただきました。どのグループにも当てはまることとして、主張に対する根拠がまだまだ足りないことがはっきりしました。

 次回はいよいよ中京大学にて最終発表です。残り1ヶ月弱で更に修正を加え、伝える相手に納得してもらうようなプレゼンになるよう準備をしなければなりません。
 10月に始まった「産高大連携・坂田ゼミ」を受け、14人の生徒たちは大きく変わっています。自ら動き、積極的にアイデアを発言し、議論するなど、その姿は目を見張るものがあります。2月18日の最終発表が楽しみでなりません。