商店街にぎわいワークショップ『津西高サロン』  〜高校生が中心市街地活性化を本気で考える〜
 
●それって何?
 津市の事業として開催されている「中心市街地活性化市民対話カフェ『ツゥサロン』」に津西高校1年生6名が高校生のワーキングチームとして参加しています。
 
●どんなことをしてるの?
 津市の中心地を活性化するためにはどうすればよいか、西高生でワーキングチームを作り、NPO法人「世界SHIENこども学校のびすく」の理事長さんをファシリテーターにお招きして、議論をしています。議論の中から生まれたアイデアを、2017年度中に実現させる予定です。
 
■第1回 10月13日(金)13:00〜 於:津西高校
テーマ:商店街・中心市街地に行きたいとなるには?何が必要で何が不足しているのか?
 自己紹介・アイスブレークの後、早速議論を開始。現在の津市の中心市街地に必要なもの、不足しているものについて、具体的なたくさんのアイデアが出されました。
 
■第2回 11月1日(水)16:00〜 於:津西高校
テーマ:@商店街の皆さんから聞き取り調査 A各商店街の動画鑑賞 B商店街の利点と欠点
 津新町通り商店街振興組合の理事長さんにもお越し頂き、まず最初に商店街と市民の関係や、商店街の昔から今・今から未来についてお話しいただきました。そして、津市内の商店街の様子を撮影した動画を皆で鑑賞し、商店街の利点と欠点について話し合いました。
 
■第3回11月13日(月)16:00〜 於:津西高校
テーマ:何があれば商店街に行きたくなる?
  
 第3回は、前回からの宿題であった商店街活性化のたえめの具体的なアイデアを各自が持ち寄り、対話を進めました。互いのアイデアを膨らませながら、さまざまな案を最終的に絞り込み、意見がほぼ1つにまとまってきました。次回からはいよいよ実現に向けて、具体的なプランの作成に移ります!
■今後の予定
 12月初旬:商店街のフィールドワークおよび第4回ワークショップ
 以後、毎月2回ずつ程度、3月頃まで実施予定